邸宅としてふさわしい、佇まい。

閑静な住宅地と文教地区として知られる田寺東。この街にふさわしい、重厚感と落ち着きある品格の 建物デザインの
追求が、 アースカラーの外観と 柱と壁による垂直ラインの強調。低層の建物であるがゆえの凹凸デザインでの
陰影が浮かぶ端正な表情の ゆとりある住居面積のレジデンス全33邸が、今、ここに誕生いたしました。

重厚感のある大きな庇が上質さと風格を漂わせます。

住まいの第一印象を決めるエントランスゲートのデザインは美しさと重厚感にこだわりました。
洗練された表情が住まう方の誇りを感じさせ、訪れる方を優雅にお迎えいたします。

邸の表情を醸し出す、格調あるエントランス。

表情のある天然石材を用いた柱の連なりがアクセントとなり、エントランスに風格の表情が漂いました。
格調あるエントランスが住まう方の誇りをひときわ高めます。

落ち着いた雰囲気のエントランスアプローチ。

住まう方、訪れる方を迎えるエントランスアプローチは質感豊かな天然石を用いて、
重厚な雰囲気が漂うアプローチをデザインしました。さらに、天井の一部を吹き抜けとして、
そこに樹木の植栽をしたことから、 木々の葉の変化にともなう四季の移ろいが感じられるようにいたしました。

格調高く自邸へと誘う、エントランスホール。

ブラウン系にまとめた壁面のデザイン路折上天井からの間接照明による演出、そしてフロアに広がる
落ち着いた色合いのタイルの相乗効果によって、すっきりした中にも気品を感じさせる空間へと高めています。

優雅で気品に満ちたエントランスホール。

外光を採り入れたり、間接照明などの明かりを工夫したり、外の景色や中庭が見えるような窓を設けたり、
住まう人に上質感と心地よさを五感で感じられるエントランスホール空間は住まう人に心地良さをもたらします。

住まう人の個性あふれる玄関が、ゆるやかに居住者同士をつなぐ。

自分ならではのオリジナリティーで季節のリースやフラワーアレジメントを飾ることでわが家の個性が表れる。
共用空間だけど、ほぼ専有空間としての使い方ができ、自分らしさを演出した玄関でお客様を出迎えられる。
そんな玄関空間の設えの実現に細かい配慮を積み重ねました。

邸宅の品格に調和する駐車場アプローチは石畳。

駐車場アプローチは天然石貼りにより、自然の風合いを活かした石畳を形成しています。
堂々としたエントランスゲートとの相乗効果により、邸宅らしいエントランスゾーンを形成しました。